So-net無料ブログ作成

前立腺がんを克服した方法・相模原中央病院理事長 中野重徳 [がん]

相模原中央病院の中野先生が、自身が罹った前立腺がんを消した食事法が
あります。

それが、イソフラボンを含む食事法

前立腺がんにはホルモン治療が用いられるんだそうですが、先生の場合副
作用がひどいため、食事療法に切り替えました。

その食事法で、分子整合栄養医学に基づき、4つの栄養素・機能性成分を
摂り続けたそうです。

それが、
○アグリコン型イソフラボン
○ビタミンA
○ビタミンD
○オメガ3脂肪酸

アグリコン型イソフラボンは低分子の吸収しやすいイソフラボン。サプリ
で1日30mgのイソフラボンを摂取。イソフラボンは前立腺がんを抑制
する効果が知られています。

ビタミンAとDは細胞の核の中まで入り込み、細胞の分化を正常に近い状
態に戻し、がんの増殖を抑えるそうです。

オメガ3脂肪酸は魚や亜麻仁油、エゴマ油などに含まれ、がんの発生や増
殖を抑えることが認められています。

ただし、肉類のオメガ6脂肪酸の摂り過ぎは逆効果。がん予防のためには
肉をひかえめにして、魚からのたんぱく質を摂ったほうが良いようです。


そして、良くないのが糖質の取りすぎ。先生曰く、糖質の摂り過ぎは百害
あって一利なしだそうです。

糖質はできるだけ控え、野菜と魚を中心にした食事を心がけるだけで、健
康にもアンチエイジングにも効果があるということです。


控えるといってもどのくらいにしたらいいか、難しいですよね。それに
ビタミンはなんの食材で、どのくらい取ればいいの?

先生が出した本があります。


医者の私ががんを消した食事法

医者の私ががんを消した食事法

  • 作者: 中野 重徳
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2012/08/31
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。