So-net無料ブログ作成

肺がんで亡くなった筑紫哲也さんの、晩年の番組内での発言 [雑感]

現在の病院での治療法では、クスリ漬けとも言うべきことが多くなっています。

筑紫さんも肺がんで抗がん剤を使用していました。その筑紫さんが言ったのは、

「人間の体には赤ん坊からお年寄りまで毎日5000個のガン細胞が生まれて
いると言われています。それで、なぜ我々はガンにならない かといいますと我々
の体の中にはナチュラルキラー細胞という免疫 細胞が毎日体内をパトロール
してガン細胞を殺しているから、その ために我々はガンにならないのです。
 
そういうことが最近の研究でわかってきました。このナチュラルキラー細胞は、
たとえば笑うこと、さらに生きがいを持つ前向きな心を持つ ことでナチュラル
キラー細胞が増えることが分かってきました。

ですから、最近は、生きがい療法、笑いの療法、そういうものが見直されてい
ます。(中略)僕は、ガンについて、いかに無知であったかを非常に深く、深く、反
省しています。」

この少し前にはこんな発言もあったそうです。

「僕の体は空爆されたイラクみたいなもの。放射線でがんはほぼ撃退したけど、
体中が被爆している。西洋医学は敵を攻めるばかりだが、東洋医学は、がんを
生む体にならないようにすることを心がける。それが自分には合っている

今は月の半分を奈良の東洋医学専門家、松元密峰さんのもとで過ごす。放射線
医療の後遺症でのどが膨れ上がったとき、はり治療などで救われたためだ。」


この言葉を重く受け止めて、残り短い僕の人生、悔いのないように生きたい。そう
思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。