So-net無料ブログ作成

加藤茶・パーキンソン症候群だった [雑感]

11日放送のバラエティ番組で、重病説があったのは、胃腸薬を飲んで、
それが合わずにパーキンソン病のような症状を呈するパーキンソン症候
群だったことを告白しました。


パーキンソン病といえば、ボクシングのモハメド・アリ氏が罹った病気という
ことで知られています。中脳の黒質神経細胞が徐々に減少するため、黒質
で作られるドーパミンが減少して起こるということです。アリ氏の場合は、パ
ンチを受けすぎたのが原因ではないかと言われてるようです。

症状は、動作が鈍くなり、手足の震えや筋肉の強張りが出てきます。

パーキンソン症候群は、薬物によるものや、脳梗塞などにより起こる症状で
パーキンソン病に似た症状のことをいいますが、加藤茶さんは、服用した薬
が原因でドーパミンが一時的に減少したことにより起きたもののようですね。

重病ではなくて本当に良かったと思います。

ただ、パーキンソン病の場合でも、進行が遅く、治療法も確立してきたので、
通常の人と寿命は変わらないそうですが。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。