So-net無料ブログ作成

MMSE検査で若年性認知症の早期発見 [脳障害]

若年性認知症は平均で51歳で発症し、40代での発症もあるそうです。

そして発症すると、8割が解雇されるなど仕事を失います。その先大変
なことが目に見えてますが、まずは症状が軽度なうちの発見することが
重要です。

その程度を知るには、MMSE検査というものがあります。それは、全
11問30点満点で行い、受信日の月日、病院の名前、身の回りの物の
名前、簡単な計算からなり、27点以上は正常、22~26点はMCI
・軽度認知障害、21点以下は認知症というもの。

この軽度認知症で25点くらいでは、治療をすぐに始めれば30点まで
改善することも可能だといいます。

認知症の中でも治療で完治するものも有り、早期治療のためにも、40
代から物忘れがひどくなったら、物忘れ外来や脳ドックで早めの検査を
受けることをお勧めします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。