So-net無料ブログ作成

ダイエットをすると、激しい空腹になる仕組み [ダイエット]

ダイエットをしていると、猛烈な空腹に襲われることがありますが、それは、
満腹になるには、満腹中枢を満腹になったよと知らせる必要があります。

その働きをするのがレプチンというホルモン。このレプチンは、脂肪細胞に
脂肪が吸収されると分泌されます。

ところがダイエット中は、カロリー制限をしてると、脂肪細胞に吸収される脂
肪が減ります。そのため、レプチンが分泌されず、満腹中枢が刺激されず、
空腹を感じたままになります。

そして、その空腹が続くので、我慢できないほどの激しい空腹に襲われる
ということです。そして、耐え切れずに大食いしてリバウンドの道に逆戻り。
ということになるのです。

いずれにしても、急激なダイエットはこのような、激しい空腹を伴うこともあ
るため、緩やかなダイエットのほうが、結局は効率良いダイエットにつなが
ります。

そういうことも考慮に入れたダイエットを考えたほうがいいと思います、

リバウンド常習者のいうことなんで、説得力に欠けますが、そう思います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。